サラリーマン同士の交流会

サラリーマン同士の交流会がテーマの場合、普段の仕事の中で上司からきつい指示が出て辟易することもあるでしょう。しかし、そこで働くならば、少しくらい試練はあるものです。また、負けるが勝ちという言葉があるように、上司も意外に皆さんの見えないところで頭を下げていたりします。一人一人の気持ちが会社を成り立たせ、サラリーマンとしての活動をさせています。

さて、サラリーマンの異業種交流会に参加して、様々な意見を取り入れて、上司にも提案しましたが、受け入れられませんでした。そこで、がっかりするのも分かります。しかし、部下が提案したことにより、上司も考えが変わってきます。今までならば認められなかったことが、数年後には物事の考えが変わり認められることがあるのです。

それを考えると異業種交流会を通して、様々な人の意見を聞いたり、時には発言をすることにより、己の気持ちに整理がついて行動できるものです。もちろん、ビジネスチャンスは、たくさんあるはずです。まずは、声をかけること、仲良くなることからはじめてもらいたいものです。また、情報過多になり、迷うこともあります。心も整理しながら、仕事と交流、プライベートを充実してもらいたいものです。