特定な物事の交流会

特定の物事の異業種交流会の話を進めます。人にはそれぞれ悩みがあり、それを解決するために活動することがあります。例えば何か悩みがあり、それを解消するために人々に理解してもらうため活動することもあります。さらには、あるハンデがあってその悩みを抱えている同士の異業種交流会もあるのです。

このように、特定の物事での異業種交流会でも仕事が変われば、悩みも様々で話すことにより、理解を分かち合い、大きな輪となるのです。人はあなただけ悩んでいるのではないのです。しかし、私1人だけが深い悩みの穴にいると考えがちです。それを考えると皆さんが同じように悩んでいることを理解するきっかけにもなるのです。

様々と伝えてきましたが、連携という交流もありますし、大きな形をつくるのも、きっかけは交流になります。それは、あなた自身が大きく育てることになるはずです。ほんの小さなきっかけで大きな事ができるかもしれないのです。それを実現するのは、あなたです。実現するには、前に進むことです。ほんの小さな一歩が、やがて大きな一歩になるのです。経営者、サラリーマン、特定の物事の異業種交流会を述べてきましたが、目的は互いの理解といえます。そして、理解することにより、悩んでいる努力している人は自分だけではないと考えてもらえたら幸いです。

サラリーマン同士の交流会

サラリーマン同士の交流会がテーマの場合、普段の仕事の中で上司からきつい指示が出て辟易することもあるでしょう。しかし、そこで働くならば、少しくらい試練はあるものです。また、負けるが勝ちという言葉があるように、上司も意外に皆さんの見えないところで頭を下げていたりします。一人一人の気持ちが会社を成り立たせ、サラリーマンとしての活動をさせています。

さて、サラリーマンの異業種交流会に参加して、様々な意見を取り入れて、上司にも提案しましたが、受け入れられませんでした。そこで、がっかりするのも分かります。しかし、部下が提案したことにより、上司も考えが変わってきます。今までならば認められなかったことが、数年後には物事の考えが変わり認められることがあるのです。

それを考えると異業種交流会を通して、様々な人の意見を聞いたり、時には発言をすることにより、己の気持ちに整理がついて行動できるものです。もちろん、ビジネスチャンスは、たくさんあるはずです。まずは、声をかけること、仲良くなることからはじめてもらいたいものです。また、情報過多になり、迷うこともあります。心も整理しながら、仕事と交流、プライベートを充実してもらいたいものです。

経営者同士の交流会

経営者は従業員の生活も担っているということで、人の人生を背負っているともいえます。そのため、常に会社を良くするという向上心が必要です。勉強を行うことで会社の経営を良くしていくことにもなります。経営者同士の異業種交流会では勉強や刺激を受けることができます。実際に参加してみると、様々な職種、業種の方と出会います。そして、ふとしたことから共通の知人もいたりするのです。このようなことから、異業種交流会といっても、つながりもあったりします。さらに今まで正しいと思っていた常識も、時代の変化で正しくなくなってくることもあります。

このように、経営者の異業種交流会を通じて、普段交流のない業種の特殊分野の事情を把握したり、ビジネスのヒントになったりするのです。さらに、経営者というものが意外に孤独です。異業種の方だからこそ話せる話もあるものです。それを考えると、悩みも実はチャンスであったり、大きな転換にもなります。そして、男女の出会いとしてもニーズも高いはずです。

そこで、経営者の異業種交流会は、心を癒す交流になる方もいるはずです。多くの従業員を抱えていたり、多くの負債を抱えて途方に暮れていたりと様々なはずです。そこで、元気な後ろ姿を見せることが経営者の務めなのです。元気に明るくしていると、従業員も明るくなってきます。この機会に参加を勧めたいものです。

異業種交流会

巷では、婚活で婚活パーティーや同じ趣味を通じてのサークル活動が盛んに行われていてビジネスにもなっています。さて、皆さんは、異業種交流会について、参加したことがある方、ない方様々だと思いますが、人は交流することにより、心も磨かれ時には心の支えにもなります。今回は、異業種交流会を行う目的について話を進めていきます。

異業種交流会といっても経営者対象の異業種交流会もあれば、サラリーマン対象、ある特定の趣味や物事に関する異業種交流会と様々です。以前であれば、会社の中で生きていくためには後輩は先輩のいうことを忠実に聞いて奮闘しながら働かなければならない時代も昔の話になりつつあります。それは、人と人のやりとりがメールやSNSの使用により、生活に変化が見られ様々な人と交流する機会に恵まれ、普段一緒に会社で働く人たちとは、個人情報保護もあり疎遠で近づかない傾向もあるといいます。

そこで、特定の人とは仲が良くても、幅広い年代の人と交流がなく、せっかくの情報も見落としがちになっていることもあります。もちろん、それは未婚の増加や少子化にも表れています。交流があるといっても、特定の人としか話せなかったりするのも困る訳です。そこで、仕事での交流から販路を開拓する人もいますが、時には普段交流のない異業種の方と交流することにより今までにない発想が出てきたりすることもあるのです。また、今ではいくつかの会社合同での企画が行われているのも異業種交流会が行われている賜物なのです。

参考資料:http://e-venz.com/
異業種交流会を企画・運営している【イベンツ】